メニュー

幹部は「考える力(ロジカルシンキング)」を鍛えよう その2 (H28.4月号) | 西村社会保険労務士事務所|なにわ式賃金研究所

インフォメーション(過去のメルマガ)

平成28年1月~12月

幹部は「考える力(ロジカルシンキング)」を鍛えよう その2 (H28.4月号)

~仕事力とは、行動力×思考力+人間関係力だ~
●幹部は「考える力(ロジカルシンキング)」を鍛えよう その2 (H28.4月号)

今回は3月号の続きです。前回は思考方法の基本に、

1 発見 -----問題意識を持つ、仮説を立てる、興味関心を抱く

2 分析 -----まず紙に書き出してみる、数値化する、分類してみる

3 表現 -----目的をハッキリさせて(売上を2倍等)見える化する
の順で考えて行くと思考が纏まりやすいと申しました。そして二つ目の「分析」するための手法として、「ポジショニング分析」と「ロジックツリー」と言う考え方をご紹介しました。今回はその続きとして、更に思考を手助けするツールをいくつかご紹介したいと思います。
2-3.3C分析

マーケティング戦略として使える基本軸で、顧客(Customer)、競合(Competitor)、自社(Company)の三つのCをとって、 「3C」と呼ばれています。命題に対して、この三つの切り口で考えてゆくもので、前回ご紹介したロジックツリーと併用すると使い勝手が良いです。例えば 「商品Aの販売戦略を考える」という命題があったときに、第二層にこの3Cを入れて、分解してゆくのです。顧客の視点に立った思考に使える手法です。

(第二層)

|--顧客----・顧客ニーズはどこにあるか
|         ・市場の成長株かどうか





商品Aの販売戦略---競合--・各社の戦略の違いは
|               ・競合商品の強みは
|              





|--自社 ----

・販売体制に問題はないか
・ブランドイメージはどうか など

2-4.4P分析

これもマーケティングで使用する代表的なツールです。4Pとは、商品(Product)、価格(Price)、流通・販売チャンネル (Place)、宣伝・販促(Promotion)のことです。市場分析を行うときに、以下のマトリクスで考えると整理がしやすいと思います。自社の戦略 立案に使える手法です。

 自社 競合A社 競合B社競合C社 
商品(Product)      
価格(Price)      
流通・販売チャンネル(Place)      
宣伝・販促(Promotion)       

各マスごとに要素を書き出してゆきます。例えば、自社の商品の特性は何か?価格はどうか?それに対して競合他社の商品特性は何か、価格は?といった具合です。
2-5.PPM分析

これも広い意味ではマーケティングで使用しますが、経営資源をどの分野に投入すべきかを考えるために使いやすいツールです。これは以下のように縦軸 に「市場成長性」、横軸に「マーケットシェア」を持ってきて分析してゆきます。Dに入るものは捨てるべき資源、AまたはBは投資する資源となります。

「市場成長性」 高

C問題児(競争激化)    |  A花形(成長期待)


低 ————————|——————— →「マーケットシェア」高

D負け犬(撤退)      |  B金のなる木(成熟利益)


2-6.クロスSWOT分析
これも多くのビジネス書で紹介されている分析ツールの一つです。以下のマトリクスを描き、それぞれの箱に入る要素を考えることで思考の手助けになります。自社の強みと弱みと外部環境の関係から、自社の進むべき方向を探ることに使われています。

■ 外 部 要 因 ■

| (機会) | (脅威)
|     |
■  ——— |—————————— |——————————
内 (強み)    |A     |C
部     |進出ゾーン |防衛ゾーン
要 ————|—————|—————
因 (弱み)    |B     |D
■       |強化ゾーン |撤退ゾーン

他にも様々な分析手法がありますが、要するに頭の中でなんとなく考えるだけでなく、図や表に書き出してみることが思考を纏めるポイントになります。箇条書きでも構いません。まず、書き出してみましょう。

(文責 特定社会保険労務士 西村 聡)

前のページにもどる

お問い合わせ